元EMO-RAY

ルール無用のアルティメット地帯。モヒカン横行中。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
漫画を振り返る 2006
昨年の漫画を振り返る!!
ということで肉薔薇さんところで漫画を振り返る話を見て二番煎じでもやろうと思ったはいいんですけどね。
去年出た漫画って何だったっけ?っていう・・・
新旧ごちゃ混ぜで読んだもので時期的なことが全く分からないっていう・・・
もはや致命傷。
しかし今年の俺はそんなことでは挫けない!!
っていうことで、昨年読んでいた雑誌の中でも特に楽しみにしていた漫画をピックアップしていきたいと思います。



・週刊少年ジャンプ
ONE PIECE

今更説明するまでもない有名さ加減。しかしそんなことは知らない。
圧倒的な台詞の熱さと構図コマ割りの秀逸さが相変わらず凄い。
付け加えて去年のストーリーの盛りあがりも個人的にツボで、去年唯一泣いた作品に。
おもしろいもんはおもしろいっすよー。やっぱ。
そういや人によっては「マンネリ」だとか「パワーインフレ」だとかいう人がいることは知っています。
ただし、これだけは言わせて欲しいんです。
この漫画はバトル漫画じゃなくて冒険漫画。
技が適当とか肉食ったら傷治るとかそんなことはどうでもいいんです。冒険漫画だから。
そんなこと気にしてたら聖闘士聖矢とか読めませんしね!!



・月刊少年ジャンプ
.謄ミバチ

浅田弘幸の漫画なのに主人公が不良ではない。
そして完全にファンタジー物。
主人公の性格設定がいい子過ぎて、売りだった浪花節を封印か!?
っていう事故期待で読み始めた漫画。
今のところ地味に面白い。そしてちょっと軌道に乗りそうな展開になってきているので完全に新境地となってしまう予感。
それにしても最近の月ジャンってファンタジー物ばっかだな。



・週刊ヤングジャンプ
.ャプテン翼 GOLDEN 23

流石にそれはない。

_礁魅謄ーチャー
面白いかどうかはさて置き、ノリは好き。
今後どうなるのかがイマイチ読めないのがイイカンジ。
売れるとこんなのでも企画通るんだなぁ・・・って世の中を考えさせてくれます。



・ビジネスジャンプ
ONE OUTS

遂に終わってしまった。まことにめでたくもあり残念でもある。
内容はというと作者がどっかのインタビューに『野球版・アカギ』と答えていた通り。
ただし、主人公の力で勝ち上がっていく話に見せつつもその実は違うのがアカギとの違い。
最後まで読んで初めてこれが野球漫画である必然性があったということに気づくはず。
終始一貫して悪人でいられなかった主人公に失望する声もちらほらと聞きますが、個人的にはこれ以外には落ち着きようがない、というレベルまでまとまった作品に仕上がっているかと。
ただ、逆にまとまりすぎて最後の方は先の展開が読めてしまうのが辛いところか。
何にせよ一読して損はないと胸をはって断言できる一作。


▲愁爛螢─璽
ONE OUTSも終わってこの雑誌読むのをやめようと思ったところに現れた、松井勝法=キユ。
突き抜けるかと思ったら突き抜けなかった。
今後に期待。ネタの意味で。



・ウルトラジャンプ
DOGS/BULLETS&CARNAGE

白黒画面の陰影が非常にいい雰囲気。
ハードボイルドのニオイに弱いのでこういう雰囲気の漫画が大好きです。
コマ割りで間を作るが上手い、とだけ。他は冷静に判断できね。



・コミックバンチ
‘盂娶⇔篭制取締官 財前丈太郎

青年漫画版・新條まゆ作品。展開の無茶さとかが。



・週刊少年サンデー
〇望綺廼の弟子 ケンイチ

なんで好きなのかがイマイチ自分でも分からない。
でも確実に毎週楽しみにしてる自分がいる。不思議不思議。



・週刊ヤングサンデー
RAINBOW 二舎六房の七人

浪花節。大好き。
一話ごとの最終ページに入る詩が非常にいい味を出していますよね。
詩っていうかほとんど台詞なのが風の大地と違うところ。
兎にも角にも売りは台詞の熱さ。これに尽きる。



・ビッグコミックスペリオール
^緡

面白い。それ以上の感想はないっていうか、スペリオールは他に読む漫画が無さ過ぎ。



・ビッグコミックスピリッツ
去年から全く読まなくなりました。



・ビッグコミック
_金のラフ

なかいま強のゴルフ漫画。
よーするに『わたるがぴゅん+ゴルフ』
展開のくだらなさ加減が個人的にツボ。
基本的に登場人物が脳天気で読後感は非常によい感じ。


単身花日
最近連載始まったばっかで何とも言えない部分はあれども今後に期待。
なんというか、表現が色っぽい。



・ビッグコミックオリジナル
Hallelujah

主人公が自信家で短気で礼儀知らずという、能條純一にありがちな展開を今のところ続けている。
ほとんど月下の棋士の焼き直しじゃねぇかと思えてもやはり面白いとも思えるのが不思議。
ということはそのうちバイオリン弾いてるうちに失禁する奴と死ぬ奴が出てくるんですかね、やっぱ。



・週刊少年マガジン
OverDrive

自転車レースを題材にしつつも、全く技術的な部分の解説をしない漫画。
全ては精神論で決まるので逆に熱い。
そして息抜きの部分が地味に酷い。
あ、コレけなしてるんじゃなくて褒めてるんで。マジで。



・週刊ヤングマガジン
R-16

佐木飛朗斗節全開。他の言葉なんて要らない。



・月刊少年マガジン
‥慣チンミ Legends

祝!連載再開!!
ただ、この漫画は最近単行本で読むのが正解な気がしてきました。
今迄のパターンから察するに、面白くなってくるの2年後位からな予感がするんで。



・イブニング
,せん

少々おっさんくさい部分もあれども和の美学を表現した漫画。
感覚が合うか合わないかで好みは分かれそう。
初期美味しんぼに通じる物もあるとは思う。こっちはあんまり理屈無いけど。
でも好き。いや、ほんとに。



・週刊少年チャンピオン
〔掬┫波通次N

勢いが違う。非常に作者がやりたい放題やっていて良い。
そして正義の味方になりたい八百屋がキャラ立ちし過ぎ。
ただ、よその雑誌だったらちょっと目立ちそうなのにチャンピオンだと目立たないのはなぜだろう?
(A. 色物ばっかりだから)




ということで、昨年読んでた雑誌は18誌でした!
それでも一時期に比べれば減ったと思える自分がステキ。
ちなみに現時点での一押し雑誌トップ5は

.筌鵐哀汽鵐如
⊇鬼ジャンプ
週刊マガジン
し邊マガジン
ゥΕ襯肇薀献礇鵐


な感じで。
特にヤングサンデーはクロサギ・RAINBOW・鉄腕バーディー等年々面白い漫画が増えている気がします。河井克敏もYSに移ったし。
週刊ジャンプはちょっと前まで個人的に不動の1位な雑誌だったにもかかわらず、最近の新連載が軒並み面白くないのでランクダウン。
逆に週刊マガジンは新連載もそれなりに面白いのが揃ってる感じ。マグロの漫画は正直アウトだけど。
そのせいで正直週刊ジャンプと週刊マガジンの間にある差はほとんど無い様に感じます。



え?週刊サンデー?
MAJORが終わるまではあの雑誌論外。
| 今村 涼次 | 漫画 | 17:00 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ PROFILE
+ ARCHIVES
+ CATEGORIES
+ RECENT COMMENTS
+ SELECTED ENTRIES